Tabublog

プロデュース思考で世の中を面白く

未分類

ビジネスアイデアの作り方 その3【セルフプロデュース】

投稿日:

起業しようと思ったり、
副業を立ち上げようと思ったり
新しいプロジェクトを立ち上げようという時など
 
頭の中にいろいろと ビジネスアイデアを
めぐらせることになります
新しいビジネスアイデアを発想しているとき
 
「ここをこうしたら 上手くいくのではないか」
 
「商品の構成はこうして、価格はこのくらい」などと
 
いつも頭の中で考えている
それはワクワクして楽しい作業でもあります
いつもこんなことを考えている方も
多いのではないでしょうか
 
そういう私もその一人ですが
 
ただ多くの人がこの思考を
頭の中だけで完結させていますね
 
これは大変もったいない、というか
無駄な作業になってしまう可能性がありますので注意です

アイデアは紙に書き出してみる

実は頭の中だけで考えても
良いアイデアというのは生まれにくいのです
 
もちろん個人差はありますが
脳内の思考回路はあまり優秀ではないのが事実です

普通の人は脳内だけでは
自分の知識や経験をフルに活用できません
ですから、必ず紙に書き出す必要があります
しかも手書きが望ましいです
 
手書きだと、文字の大きさや強さ
丸で囲んだり図にしてみたりなどができ
見たときに自分の思考がより反映されますから
 
より頭の中を整理し
自分の力を最大限発揮するのに役立ちます
とにかく思いついたことを片っぱしから紙に書いてみましょう
 
神田昌典さんが推奨していた
マインドマップという脳内整理術もありましたが
(気になる方は調べてみて下さい)
 
まずはA4サイズの紙を用意して
思いついたことをどんどん文字におこしてみる。
そうすることで、潜在意識の中に眠っていた知識を呼び起こしたり
一見、頭の中では関係性を持たない知識同士を結びつけられたり
新しいアイデアや企画が生まれやすくなります
 
アイデアを生み出すのは間違いなくクリエイティブな作業
クリエイティブなことをやろうとするなら絶対に必須です
クリエイティブ畑で30年の私が言うのですから
間違いありません
 
ご存じの通りクリエイティブな作業は
言われたとおりのことを実践するのとは違い
自ら道筋をたてなくてはいけません
これには脳内回路だけではロスが発生してしまいます
 
図解で知識のつながりを明確にし
客観的に眺めることで
さらに脳の奥底にある
古い知識を呼びさます事もできるようになります

アイデアは声に出してみる

さらにそうして生まれたアイデアを
声に出して読んでみる事も重要です
 
これも同じように、脳の中だけでは
良いように思われたアイデアも言葉として
アウトプットすると「何か違うな」と気づけるからです
 
「え、頭の中でも、声に出しても変わらないでしょう」と
思われた方、本当ですから騙されたと思って実行してみてください
口で発生して自分の耳で聞くこの効果は侮れないです
必ずやってみてください
実感するはずです
 
さらに良いのは人に話してみること
人と話すことでごまかしが効かなくなり
問題点がよりはっきりしてくることがあります
 
ただこの場合は話す相手を間違えると
その人が思いがけないドリームキラーだったりするので
人選には注意しましょう
 
今回はアイデア発想法といして書いていますが
普段のビジネスにおいても頭で考えているだけでは
理解してるつもりで理解してなかったりすることを
洗い出すのにも今日のワークは役立ちます
 
ぜひ、実践して下さい
 
少しだけ考え方に工夫を加えるだけで
あなたのビジネスや勉強が格段レベルアップします
 
それと、せっかく考え出したアイデアです
かならず行動に移す事
 
実際、アイディアは誰にでも出せるのです
前回の発想法などを利用して
素晴らしいビジネスアイディアの一つや二つは
誰でも生み出すことは可能となります

行動できない大きなプランは行動できる沢山の小さなプランに分解する

しかしです
それを実行レベルにまで持って行ける人はほんの一部
まず、ほとんどの人は「いいアイディア」を持ちつつも
行動できないんです
 
自分が行動できなかったら
いくらノウハウを集めても
いくらビジネス書を読んでも
いくら素晴らしいアイディアを出しても
まったく何の役にも立ちません
 
現実はまったく変わらないのです
 
気合いが足りない?
失敗が恐い?
 
いいえ、あなたはやる気満々で
アイデアを考えついたのに
そんなはずはありませんね
 
ここで今回のアイデア発想法の最後のワークです
 
アイデアの生み出し方で
もっとも注意するべき事は
 
実行しやすいアイディアを考えることです
 
実行しにくいアイディアとは
まず抽象的なアイデア
 
いいアイディアなんだけど何か漠然としていて
具体的な次の行動が思いつかないというもの
 
そして、次にビッグなアイディアすぎるもの
一度の人生、でっかく生きようと考えている私ですが
実行されないビッグアイディアは、
それこそただの妄想でしかありません
 
実行しやすいアイデアとは
先日、雇ったアルバイトにも行動できるくらい
次に求められるアクションが明確なもの
 
一人のビジネスマンとして
あなたはたくさんのアイディアを思いつく
 
でも単純に「なんかすげぇアイデア考えちゃったぜ!」と
そこで思考を止めてしまうと
「あれ、で次に何をすればいいのかな?」
と迷い、時間とエネルギーを消耗してしまいます
 
実行されないビッグアイディアが1つあるよりも
具体的なスモールアイディア100個の方が
はるかに価値があるし、確実にあなたを成功へと導きます
 
とにかく考え出したアイデアは行動に移す事
 
勘違いしている人が多いですが
成功する人としない人の差は
アイディアの質の差ではありません
 
成功する人としない人の違いは、
アイディア発想から実行までの時間の違いです
 
アイディアの善し悪しを必要以上に思い悩んだり
成功の確証を得ようと必要以上にいろいろ調べたり
何かと証拠集めをして行動できない人が多すぎます
 
はっきり言いますが
成功の確証なんかいくら何を調べてみたって
一生できませんからね

過去の成功者達は当初みんな馬鹿にされていた

また、
アイディアを実行して失敗したらどうしよう?などと考えたり
失敗したらみんなから笑われるんじゃないだろうか?などと考えたり
「だから言ったでしょう!」とか言われるんじゃないかと尻込みすること
 
そんなことを気にしていたら
一生、ビジネスなんかできませんよ
 
実行したら、必ず上手くいかない所があるのがビジネス
それをスグに改善して、次の行動を起こす
 
改善のためのアイデアを考え、実行する
 
この繰り返しがビジネスなんです
 
失敗したって命さえあれば
何回だってチャレンジできます
 
行動して失敗することより
行動しなかったことの方が
あなたが人生を終えるときに後悔の元になります
 
私はそう思います
  
だから
自分のアイディアのダメダメさを気にする暇があったら
いますぐ、一つでも
せっかく考えたアイデアを行動にうつしましょう
 
素晴らしいアイデア
画期的なアイデアとは
本当はこういった試行錯誤の中から
生まれてくるものなんですから
 
 
今すぐ行動を始めてください
すべてそこから始まります
  


【紹介】コレ読んでおくと良いです。無料でもらえる「小さな会社のためのマーケティング入門」

せっかく来てくれたお客さん…

でも一回きりでなかなか
来なくなってしまった…

もっとリピートしてほしいけど
どうすればいいのか?

これにはこんな事例があります。


「ダン・ケネディが教える
小さな会社のための
マーケティング入門」より引用
~~~~~~~~

私がクライアント全員に教え、
自分の会社でも積極的に
実践している戦略に、

顧客に対して月刊のニュースレターを郵送する

というものがある。

これは顧客との関係を強化し、
自分の話題を提供し、お客をレストラン、
およびそのオーナーであるあなたとの
個人的な関係に引き込むための
優れた方法だ。

これを使えば、顧客に対して
もっと頻繁に店を利用する
動機を与えられる。

広告スペースを使う事で、
顧客に対してもっと
頻繁に店を利用する動機を与えられるし、

広告スペースとして使うことで、
顧客にあなたが提供する
可能性の他のサービスについて知らせたり、
個人的なつながりを強化できる。

~~~~~~~~~

ニュースレターを送る事で
お客さんとのつながりを強化し、

リピートをしてもらえるきっかけを
作る事ができるんですね。


つながりが強化されると
口コミにつながるかもしれません。

これは僕自身の
個人的な話ですが、、、

つい最近、友人に
お店を紹介しました。

美容院とレストランです。

どちらも店員、店長と話して
仲良くなった所です。

友人に、、

「どこかいいところない?」

と聞かれたら、
「じゃ、ここだよ!」
みたいにスグに薦めました。

もしかしたら、こういう
「お客さんとの関係作り」は
口コミを起こすポイントかもしれません。


この事例では
お客さんとの関係を作るために
ニュースレターを使っていましたね。

こういう事例がのっているのが

「ダン・ケネディが教える
小さな会社のための
マーケティング入門」
です。


ニュースレターのサンプルも
のっているので参考になりますよ。

詳細はコチラ

http://directlink.jp/tracking/af/1514421/nBUGQlJI/

関連記事

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スピードが大切-決断力のススメ-「成功意志決定法」【セルフプロデュース】

私の部下くん、後輩くん達によく言っているのは「スピード」そして「意志決定の早さ」の大切さ 実際のところ、経験もまだ少ない新人の部下くんには少々コクなことを要求しているかなと思いながらそれでも、一番身体 …

セルフイメージを上げて、富や成功を受け取れる自分になる【セルフプロデュース】

とにかく小さくてもいいのです。小さな行動をし、小さく成功することです 本を最後のページまで読破して満足という人と最初の10ページ目に書いてあったことをまず試してみた人 セミナーの内容をすべてノートに書 …

自分の人生において「演じる」「演出する」「ストーリーを描く」こと

「田渕さんがプレゼンすると必ず企画が通るという噂があって いったいどんな方だろうと思っていました」 広告業界の人が集まる飲み会の席で偶然に隣り合わせた方に言われたことがあります 普段、まず飲み会いうも …

自分自身の価値や能力を、余すところなく相手にわかりやすく伝える【セルフプロデュース】

CM業界の大先輩である村上明彦さんと一緒にお仕事させていただく機会がよくあります 村上さんは、私の東京時代に勤めていたCMプロダクションの先輩でもうずいぶん前になりますが(覚えている方もいらっしゃるか …

いま目の前の課題に真剣勝負・・・してますか?【セルフプロデュース】

テレビCMや番組のプロデュースや演出の仕事をしているとみなさんもご存じの一流の方とお仕事をさせていただく機会もあります 第一線で活躍されている方々とのお仕事でいつも勉強させて頂くのは その瞬間、その瞬 …