Tabublog

プロデュース思考で世の中を面白く

未分類

自分の才能を活かしてお金を稼ぎたいですか?【セルフプロデュース】 

投稿日:2020年8月29日 更新日:

自分ブランドにおいても
「自分なりの強み」「独自の売り」をつくることは有効です
 
多くの方が「自分ブランド」をつくりたいと思う最大の目的はやはり、
自分独自の才能を発見しお金に変えたいということではないでしょうか
 
そのためには世の中に、自分という“ユニーク”な存在を
アピールし他の人とは違う(他の人にはできない)売りを
伝えていかなければなりません。
 
それが「自分なりの強み」「独自の売り」です。
 
あなたは、自分の才能を活かしてお金を稼ぎたい
お金を稼ぐという言い方に抵抗があるなら
世の中のために役立ちたいと考えていらっしゃると思います

自分の才能が分からず行動できない

「自分の才能を活かしたい」と言葉では言っても
実際に行動をおこす方はとても少ないですね
 
第一の理由として考えられるのが
「自分の才能が何か分からない」ということ
 
自分の何処が人より優れているのかが分からないので
実際に行動できないでいるという方です
 
多くの方がこのタイプに含まれると思います
 
でも、やる気はあるので
様々なセミナーに参加されたり、本を読まれたり
非常に勉強家でもあると思います
 
沢山の知識や知恵を持っていながら
でも最初のステップとして何をはじめたらいいか分からない
 
“うちあたい”しませんか?

ちょっと聞き慣れない言葉を使ってみましたが、
 
“うちあたい”とは沖縄の方言で、意味は
「あっ!それって私のことかも…(冷や汗)」と
ちょっときまりが悪いと感じた時に使う言葉
 
語源を調べた訳ではないのですが、想像するに

うち=内=心
あたい=当たり
 
「心当たる」ということではないかと・・・
 
標準語の「心当たり」とはちょっと使い方が違い
身に覚えがあってココロにズキンときたって感じ
深く共感したときなどに使います
 
ワンポイント島言葉(沖縄方言)でした♪
 
さて
 
脱線しましたが、話を戻します
多くの方が「自分の才能が分からず行動できない」状態でいます
 
あなたが自分ブランドを築き
自分の才能を人々のために役立てお金を稼ぐには
まず自分の才能、ユニークさをはっきりさせることです
 
「私はこれができる」
「これってオレに向いているなあ」

という感覚が、自分の実感としてもてるようになると
自分自身の未来をも信頼できるようになってきます

比較するべきは「今の自分」と「今の他人」

まずは、自分の生い立ちや性格、才能でユニークな部分が
何かということを探求していきましょう
 
あなたのビジネスが何であれ
フリーでお仕事されていても、サラリーマンでも
あなたの持つユニークさが、クチコミのきっかけになったり
愛され支持されるポイントとなります
 
よく他人と比較はしない方がいいと言われますが
自分の才能は周りの人と比較して初めて気づくものです
 
他の人にとっては難しいことが、自分には簡単にできる

例え小さなことでもそんな所を見つけたら「才能」を
発見する第一歩です

自分の当たり前に感じていたことが
じつは他人には難しかったり、やるのが嫌なことだったり
 
例えば、自分では努力してるわけではないのに
友達から褒められた経験などを思い出してみましょう
 
自分ではふつうにやってることで
相手から褒めてもらえることはないですか
 
自分の才能を発見するとき、
いつい「過去の自分」との「差」で考えてしまいがちです
 
「新しく取った資格」「覚えた技術」「学んだスキル」・・・
 
それはそれで、あなたの売りにはなりますが
仮に自動車の運転免許を取ったからといって
それを“ユニーク”と感じてくれる人はいませんよね
 
比較するべきは「今の自分」と「今の他人」なのです。
 
他の人と比較して、自分の強み、才能、牲殊なスキルに
自分で気がつけると、自然に自信も湧いてきますから
「私にはひとつもない」なんて言わずによく考えてみましょう
慰めでも何でもなく、事実として必ず発見できますから

自分の強みを見つけるワーク

あなたの中で眠ったまま発揮されずにいる才能は
いま現在の生活では必要とされる機会がないため
見逃していることが多いのです
 
あなたが新しいビジネスをはじめたり
新しい自分として活動しはじめるなど
環境が変わると秘められた能力が目覚めたりします
 
わたしの場合も、会社を変える
究極は東京から沖縄に移住したことで
発揮できた才能がいまの自分を支えてくれています
 
あせらずに発掘していきましょう
  
あなたの「才能」を見つけるために
まずは次の質問に答えてみて下さい
 
できればノートなどに書き出し、
書いた答えをじっくりと眺めてみて下さいね
 
1)あなたが気がついたら「自然とやっってしまうこと」はなんですか?
 
2)あなたは何を考えているとき・何をしているときに
 「ワクワク」した気持ちを感じますか?
 
3)あなたが時間を忘れてしまうくらい没頭してしまうことはなんですか?
  
4)他人から「ほめられること」は?
 
5)他人から「凄い」と言われても、自分では「当たり前」のことだと
  思うことはなんですか?
 
6)あなたが最もお金をつかう自己投資は?
  (服を買う、クルマ、読書、釣り・・・など)
 
7)時間をかけても苦にならず辛抱強く続けられることはなんですか?
 
8)他人から認めてもらえると思わず舞い上がってしまうほど嬉しいことは?
 
9)子供のの頃の(性格的な面で)コンプレックスは?
 
10)そのときにできた思い込みは?
        
11)それが影響したあなたの性格は?
 
12)その経験によって獲得したスキルは? 
 
13)ピンチのときもこうすればたいていのことはうまくいくという
   必勝パターンは?
 
14)なんの努力をしなくても、苦労せずできてしまうことは?
 
15)マニアックにこだわってしまうことは?
 
16)これからも一生向上させていきたいスキルは?
 
17)どんなときに充実感を感じますか?
            -
18)自信をもって人の役に立てると思うことは?
         .
19)自分でセンスがあると密かに思っていることは
 
20)他人の仕事ぶりや才能・能力面を見ていて
   異常に「嫉妬」を覚えることはなんでしょうか?
 
21)あなたが他人より劣っていると思う事は?
 
22)その短所を長所に変えることはできませんか?
 
23)人がやっていなくて自分がやっていることは?
 
24)あなたを支持してくれる人達はあなたの何処に惹かれていますか?
 
25)あなたは●●な人だよね。●●は何?
 
26)あなたの1番パッと思いつく優れたところ
 
27)あなたの2番目にパッと思いつく優れたところ
 
28)あなたの3番目にパッと思いつく優れたところ
 
29)あなたが一番理解してほしいことは?
 
30)あなたの眠れる資産は?
 
重複した質問もありますが、思いつくまま書き出してみてください。
 
自分のスキル、プロフィールから
独自の強みの材料を見つけ出すのが目的のワークですので
いま現在、それが「売り」になっていなくてもかまいません
 
最後の質問では自分の眠れる資産をとにかく並べてみてください
決してお金だけが資産ではありません
 
長く仕事をやっていれば、その年月も資産です
 
いままでお付き合いしてきた方の名刺があれば
それも資産と考えましょう
人脈も資産なら、リストと考えても資産です
 
あなたの会社では当たり前のノウハウも
一歩外に出たら貴重な資産となることもあります

独自の売りが機能するためのポイント

他者との違いを見つけたら、それをすぐに独自の強みとして
打ち出してしまうことがありますが
 
よく誤解されている方がいらっしゃるので
言っておきますが単純な「差別化」では
なかなか独自の強みは機能しません。
 
つまりあなたならではの強みは
「独自の売り」として「提案」しなければ完成しないからです
  
「独自の売り」はいきなり作るものではないのです
まずは「独自の売り」を作るための材料を探し出します
 
「独自の売り」が機能するためのポイントは、
 
●他者がしていないこと、できていないこと、伝えていないこと。

とはいえ

●自分でできること
 
そして、もう一つ

●人が求めていること

でなければなりません。
 
上の3つをクリアしていないと「独自の売り」は機能しません。
 
特に人が求めていることかどうかの検討は重要で
いくら他と違いますよと言われても
誰も求めていないことを幾ら伝えても
選ばれる自分にはなれないのです

自分という人間のユニークな点を活かす

あなたが書き出した才能の材料から
他者との違い、あなたの売りを発見していきます
 
そしてあなたが顧客(社会)に提供できるものを見つけます
 
さらには感情的にもどんな喜び、幸せを作れるのか?
 
それができる根拠、証拠を探し出すのです
 
初めのうちは難しいと思います
 
この公式に当てはめれば
自然に「独自の売り」が見つかるということはないからです
  
さらには他者、ライバルの調査や分析も大切な要素となります
 
(競合の分析に関しては次回にしましょう。)
 
ただ、こうやって自分の棚卸しをおこなうことで
自分という人間のユニークな点が見つかってきます
 
他人とは違う、あなたの眠れる才能の種です。
  
「独自の売り」を考える事は、
他人と違う自分を明確にしていく作業です。
 
他人と違う自分を肯定することを
私たちは学んできていません
 
学校でも、会社でも
他人との違いを強調すると
 
「空気が読めない」
「まわりから浮いている」
 
などと思われないかという恐怖を抱く方もいらっしゃるでしょう
 
でも、ずっとまわりに合わせてきた人が
得られたブランドはなんだったでしょうか?
 
「凡人」
 
主張すべき「自分」というものを持ち、
「これが人と違う私だけの才能です」と胸を張れる
自分を作っていかないと
 
斬新な発想や独創性が求められるいまの時代においては
「才能のない人間」として消耗されるだけの存在になりかねません
 
「みんな一緒がいい」という考えは一時的でもいいので捨てて
自分だけの才能を見つけ、伸ばしてください
 
それに、あなたの「変っている部分」が
みんなに喜びを与えたり、なんらかの利益をもたらしたりすることで
みんなは変わり者のあなたを歓迎するようになります
 
あなたの中の変わったところを
多くの方に理解できるように翻訳し
多くの人に利益をもたらすようにするのです

人と違う自分だけの才能を宣言しよう

「これが人と違う私だけの才能です」と胸を張って
宣言しましょう
 
「その才能で私はあなたにこんなことが提供できます!」と
 
今の世の中、言われたことだけをこなしていても
「この人に頼んで良かった」と言われることは
まずありませんよね
 
無難に生きた人間が、物事を変えたことなど
いまだかつて一度もないのです
 
自信をもって、
あなたの「独自の売り」をつくり、
発信して下さい
 
では、
今日はここまでにします


【おすすめ】トップクラスの起業家たちの「パフォーマンス」「行動スピード」に関する8つの秘密を公開

成果を出すためには「行動」「実践」が必要ですよね。

ノウハウを学んだり、知っているだけでは意味はありませんから・・・

とはいえ一口に「行動する」といってもそう簡単には行かないもの。

時間が足りない、
お金が足りない、
人が足りない、、、

あるいは、スキルや勉強が足りないと感じることもあるでしょう。

忙しいスケジュールの合間に
セミナーに出て勉強をしているかもしれません。

電車の中で教材のmp3を聞いているかもしれません。

きっとあなたは、勉強熱心でアイディアあふれる人ですよね。
実際に行動に移せば、うまくいきそうなアイディアをたくさん持っているでしょう。

でも、時間がなかったりどうしてもやる気が出なかったりと、、、
先送りしてしまうことにイライラしているかもしれません。

もしあなたが、そんな悩みを持っているなら
「ダン・ケネディの8つのビッグアイディア」
が役に立ちます。

これを聞けば、

「どうやって、そんなにたくさんのことができるんですか?」
「いつ、そんなに仕事してるんですか?」
「どこからそのパワーが湧いてくるんですか?」

と、周りの人から驚かれるほど、
短い時間で多くのことを達成できるようになるでしょう。

このダン・ケネディの8つのビッグアイディアは
現在割引キャンペーンを行っています。

通常の定価よりも
割引価格でお試しができます。

http://directlink.jp/tracking/af/1514421/KPbo9wCa/

関連記事

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あなたの目的地はどこ?【セルフプロデュース】

なりたい自分の実現においてまず最初に ステップ1 あなたの人生に絶対に望まないものは何か? ステップ2 あなたの人生に確実に望むものは? ステップ3 あなたが望む完璧な「日常」の一日はどんな一日か?  …

回収できない学びは、「自己投資」ではなく「自己消費」です【セルフプロデュース】

今回は、学びは「収入」に変えられなければただの自己消費という話をしましょう。そして学びを「収入」に変える方法をお教えしますちょっとその前に私自身の話をさせてください。   以前、『沖縄に移住する前にア …

他人と同じことをやっているうちは、それは「努力」とは呼びません【セルフプロデュース】

子供の頃から、どうも集団競技というものが苦手でした。 学生の頃は、授業や遊びで野球やバレー、サッカーのようなチームスポーツをやろうと言われると腰が引けていて 得意な種目は100m走や水泳。すべて個人で …

あなたのスケジュールは他人の優先事項でいっぱいになっていませんか【セルフプロデュース】

『大事を小事の犠牲にしてはならない。』と言ったのはゲーテでした。 私たちは、日々いろいろな事が自分のスケジュールに入り込んできた時に これは自分の大きな目的に役に立つことかどうか?もしくは、自分の目標 …

自分自身の価値や能力を、余すところなく相手にわかりやすく伝える【セルフプロデュース】

CM業界の大先輩である村上明彦さんと一緒にお仕事させていただく機会がよくあります 村上さんは、私の東京時代に勤めていたCMプロダクションの先輩でもうずいぶん前になりますが(覚えている方もいらっしゃるか …