Tabublog

プロデュース思考で世の中を面白く

未分類

ネット起業家創造プロジェクト【第3章①参入ジャンル選び】

投稿日:

「起業するしたいけど、どうしたらよいかわからない」
「自分は普通だから起業なんかできる自信ない…」

そんな弱気の人でも起業できるようように
必要な知識を順序よくお伝えしているのが
この「ネット起業家創造プロジェクト」

「これから独立・起業を目指す!」という方に
是非知っておいてほしいことを順序よくお伝えします。

今日から第3章。

この3章の①で
まずあなたに知っておいていただきたいのは
どんなビジネスジャンルを選ぶかによって
ビジネスの難しさ、「上手くいく」「上手くいかない」が
ある程度決まってしまうということです

これについては、もう10年以上前のものですが
ホリエモンこと堀江貴文さんのブログ記事が有名です。

その記事によると、今からいう4つの条件を満たすビジネスをやれば
起業はほぼ確実にうまくいくということ

その4つの条件とは

① 利益率の高い商売
② 在庫を持たない商売
③ 定期的に一定額の収入が入ってくる商売
④ 資本ゼロあるいは小資本で始められる商売

の4点。

解説していきます。

■利益率の高い商品

まず一つ目は利益率の高い商品というもの。

利益率の高い商品とは

たとえば1個売った時に

1000円の利益になるのか
1万円の利益になるのか
50万円の利益になるのか

これって大きな違いがあるということは誰でもわかりますよね

たとえば原価50円の手作りケーキを100円で売った時の
利益は50円です。
これを1日に50個売れば、1日2500円の利益
1か月休みなく働いて月の利益が75000円

これでは暮していけませんよね。

それに対して

50万円のセミナーを1回やると
原価は厳密にいうと会場費や多少人を集めるのに広告代を使ったとしても
仮に10万円かかったとしても利益は40万円

月に2回やったら1か月80万円の利益

しかもそれをカメラで撮っておいて、あとで配信をして
さらにお金を稼ぐ。

手作りケーキと高額セミナーという極端な比較をしてしまいましたが
多くの方が前者の利益率の低いビジネスをしてしまいがちです。

それは自信の無さだったりも当然関係しますが
最初から利益率が低いビジネスというのは存在していて
そういうビジネスを選んでしまうと忙しいわりにお金が残らない
ある意味で最悪の状態に陥ってしまいます。

安定して稼いでいくためには
まずは利益率の高いビジネスどうかを見極めて
参入することを決めたらいいと思います。

利益率の高いサービス、商品を選ぶ
私個人の感じですが、ビジネスを行っていく中で、
単価が安く利益率の低いサービスであっても、
逆に高いサービスであっても、
そのサービスに要する時間と労力は殆ど変わらないという事を
何度も実感してきました。

いや、むしろ
単価が安く利益率の低いサービスの方が
手離れが悪く手間のかかるというということが
比較的多かったと思います。

ビジネスを軌道に乗せるという意味において
単価、利益率ともに高いサービスや商品を選んだ方が効率的ですし
売り上げも確実に伸ばしていけます。
成功への道のりの第一歩がこの
利益率の高い商品を選ぶなんですね。

■在庫の持たない商品

二つ目は在庫の持たない商品です

在庫を持つということは
資産を持つという意味と負債を持つという意味の
両方の側面があります。

ぶちゃけ、お金がたくさん持ってないと
在庫持ってる分、
どんどん資金が苦しくなってしまうこともあるんです

私自身、過去にハーブティショップを経営していた時がありますが
私くらいの規模でも在庫をもつということの大変さは
骨身にしみて感じました。

在庫の金銭的な厳しさももちろんなんですが
在庫を置いておく倉庫などの場所にも
家賃は発生しますし、

在庫そのものも時間がたてば古くなりますし
流行りがあるのもならなおさらです。
またそれらを処分するにしてもお金がかかります。

ですから、100万の資産のうち
80万が在庫で20万でやりくりをしていくとなると
何かあったときにあっという間に倒産してしまう。

在庫というのはかなりのリスクと覚えておいた方がいいです。

なので起業を考えた時に
なるべく在庫のないビジネスを選ぶというのも
かなり重要なポイントだと思います。

もちろんあなたの始めたいビジネスが
業種柄、在庫を持たないと成り立たないビジネスであることもあるでしょう。

それでも、在庫というもののリスクをじっくりと考えたうえで
始めてほしいと思います。

逆に在庫を持たないビジネスとは何かというと
セミナーやコーチ、コンサルといった
自分の経験や持っている情報を売ったりするタイプのビジネスです。

在庫がないビジネスが売り上げがほとんど利益ということとなり
黒字になりやすいビジネスです。

ですから、
起業する時のジャンルの選び方の際には
在庫のないビジネスという選択肢を
覚えておくことはとても重要なポイントになります。

■定期的に収入が入ってくる商品

そして3つ目ですね
定期的に収入が入ってくる商品です。

定期的に収入が入る商品とは
どんなものかというと、たとえば
通販の定期購入商品であったり、
最近とても増えているサブスクのような
ビジネススタイルをさしたりします。

私の学びからシェアすると
私がハーブティーショップを経営していた時も
定期購入のお客様はやはりとても助かる存在でした。

まず、来月の売り上げの最低線がわかる
それが約束されていると
その分、安心して広告を打つなど勝負に出られるという利点があります。

何よりも来月の収入が約束されているということは
精神衛生においてもとてもゆとりを与えてくれるものなんです。

ビジネスなどが一時的にドカンと売り上げが上がっても
キャッシュが入ってくる前に支払いなどが発生してしまうと
最悪の場合、黒字倒産ということも考えられます。

毎月安定してお金が入ってくることが見えてないと
精神的にも不安で不安定になり
どうしても行動力が落ちてしまいがちです。

あなたの行動を加速させるためにも
事前にわかっている売り上げというものは
すごく心強い味方となってくれます。

そういう意味で
例えば継続課金ビジネスとか、会員制コミュニティとか
コンサルティングの契約など
月額販売みたいな商品を持っているということは
来月再来月の売り上げの心配をする必要がなくなり
非常にビジネスが安定するのです。

起業を計画する時には
短期的な売り上げを立てる商品と同時に
どうしたら定期的な収入につながる商品を作れるかを
考えるべきです。

■資本ゼロあるいは小資本で始められる商売

4番目が
資本ゼロあるいは小資本で始められる商売ということですね

②の在庫の話にも関係してきますが
初期投資がかかるビジネスはやはり厳しいですね

起業のスタートが在庫を買うための持ち出し、
つまりマイナスからスタートすることとなりますし、

いきなり売れなかった時のリスクを抱えての起業となってしまいます。

ビジネスがスタートすると
商品がたとえ売れなくても
例えば家賃であったり、人件費であったり
小さなところでは交通費や通信費、
光熱費など出費がどんどん資産を減らしていきます。
当然、あなたの生活費も食事代もかかります。
それらがあなたの貯金を減らしていくことになります。

借り入れなど、借金をしてはじめたビジネスなら
利子というマイナスも考えに入れなくてはいけません。

これは想像する以上に
不利なスタートとなってしまいます。
もちろん大きく借り入れて
大きな売り上げを立て黒字を作っていくことができたら
問題はないのですが

ここも①の利益率の話にも関係しますが
出した分に対しての収入が大きくないと

自分の生活費と交通費と食事代とスマホの代金をはらったら
ほぼゼロになってしまった、なんて笑えない企業になるケースも
けっして少なくないのです。

そういう意味で
たとえばパソコンがあって、
インターネットがつながればビジネスが成り立つというような
数万円で成り立つビジネスであれば
ビジネスを成功させるのが容易になるということは
理解できると思います。

ここでも
セミナービジネス、コピーライティング
コンサルティング、
コーチング、カウンセリング、セラピストなど
資金がほとんどかからずに
比較的大きな収入につながるビジネスは
成立しやすモデルでありといえます。

こうしたビジネスを上手に運営すれば
年収1000万くらい稼ぐこともさほど難しくないと思います。

一年かからずに簡単に稼げるはずです。

逆に導入資金の高いビジネスモデル
たとえば高額の機材が必要なエステや葬儀場、歯医者のようなビジネスモデルは
最初の数年は導入資金を返済していくというような考え方となり

ビジネス初心者には向いていないモデルですね。

飲食業を始めるにしても
初期投資の資金をできる限り下げて
店舗を持たない人を雇わないくらいの気持ちで
スタートすることをお勧めします。

起業する際には
まず資金をかけないビジネスから入って
それで得た利益をつかって
その後仕組みを築いていくことも大切だと思います。

そんなやり方で企業ができるのか不安な方もいらっしゃると思いますが
そういうあなたはおそらく一般的な企業がおこなうような
ビジネスモデルしかイメージできないのだと思います。

一人起業、小規模ビジネスのやり方を知らないだけなんですね

それを学べば誰でもちゃんと確実に
ビジネスを立ち上げることは簡単にできますので
ぜひ実践してみてください。

■まとめ

起業は確実にうまくいかせる4つの条件
それは、

① 利益率の高い商売
② 在庫を持たない商売
③ 定期的に一定額の収入が入ってくる商売
④ 資本ゼロあるいは小資本で始められる商売

ということでした。

こういう鉄則を守って
ご自身が参入するビジネスっていうのを選んでいくということが
とても重要だということです

今回紹介しました
堀江貴文さんの提唱する4つの条件を満たすビジネスの話は
堀江さんのアメブロでお読みいただけます。

独立・起業を考えている方にはとくに
かなり役立つ良い記事だと思うので一度みてみて下さい。

『起業してほぼ確実に成功する方法』
六本木で働いていた元社長のアメブロ
https://ameblo.jp/takapon-jp/entry-10500476221.html

起業するときに
どういうジャンルで
どういう計画でやっていくのかというのを
しっかりと考えてから始めるということは
非常に重要です

そのジャンルの選び方によってはすんなりと成功したり
どんなに頑張ってもなかなか結果が出ないというようなことが起こります。

本当にいろんなものが決まってしまうんですね
一度、考えてからスタートさせることをお勧めします。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

自己実現 人生のシナリオを書き、演じていくこと【セルフプロデュース】

中学生の時から思い続けた「映画監督になりたい」という夢を 2011年に叶える事ができました その時の映画はワシントンでも上映され、JTAの機内映画としても上映していただき2020年8月号の「島へ」とい …

人は全員、望む人生を生きられるんです【セルフプロデュース】

ちょっとあなたが子供の頃を思い出してみて下さい 運命は自分で決められ、なりたいと思えば何にでもなれ光に溢れた人生を夢見ていませんでしたか? 大人になった今子どもの頃に持っていた自分の人生の権限をいまだ …

ブランドとはリスペクト 人を行動させる影響力を手に入れるには【セルフプロデュース】

今の社会でビジネスを行うのなら何らかの形で必ず情報を発信しなくてはなりません。いまならSNSがメインですかね Twitter、facebook、Instagram、YOUTUBE、サイト、ブログ、メル …

「独立自尊」独立したひとりの人間として生きる【セルフプロデュース】

CMの撮影でディレクター(監督)をしたのですが出演してくださったキャストの方が帰りがけに 「監督。今日は素晴らしいお仕事を見せていただきました これからも活躍を期待しています」と言ってくださりなんだか …

動画をつくることは難しいと考えているならそれはあなたが作りかたを学んでいないから【セルフプロデュース】

お金に変えられない学びは自己投資では無く、自己消費であると先日書かせていただきました。 多くの方が沢山の学びや、趣味での経験を持っていてそれを自己消費のままにしているのがもったいないと感じています い …