Tabublog

プロデュース思考で世の中を面白く

未分類

自分自身の成長なくして、本当の意味の成功や夢実現はありえません【セルフプロデュース】

投稿日:2020年8月23日 更新日:

まずはあなたの夢実現の道のりを作るワークをやってみましょう
5分とかからずできるので、ぜひ試してみて下さい

 
●紙を用意し、その上部にあなたの叶えたい目標や夢を書く。
 
●そうしたら、その下の余白を5~7、
 場合によっては10くらいに分割して
 
●あなたが書いた夢から、その原因となった行動を
 未来から現在に向けて逆算するかたちで書き出していく。
 
それだけです。
 
例えば「年収1億円達成!」と書いたなら
 
すぐ下のマスには、あなたに年収1億を与えてくれる
直接の原因を考えて書いてみるのです
 
「ネット通販で大成功!」
「出版でベストセラーを連発!テレビや講演会などに呼ばれまくる!」
 
そうしたら、またその下にその直接的な原因・行動を考える
 
「ネットショップを開店!」
「本を執筆!」

このようにして、夢から現在のあなたに向かって
それが達成した道のりを書き出していきます。
そうして、何段階のステップで
 
「健康食品のショップオープンに向け商品探し」
「ダイエットの本を書くために、海外のダイエット法を実践」
 
など、現在の自分が行動できるステップまで下ろしてくるのです
 
ここで書くそれぞれのステップは厳密で
リアルであることに越したことはありませんが
それでペンが止まるよりは、適当でも道のりを描いてみることを
まずは目標として下さい

現在の自分と未来の自分との間の関係性を深めていく

何度も繰り返しワークを行っていくうちに
どんどん明確な道のりが見えてきて、ステップもリアルに
書けるようになってきます
 
このワークでは、1度書いたからといって
必ずしも、その通りにやらなければいけないということではなく
また夢や目標もどんどん変えてかまいません
 
むしろ何度も行って、こうしたステップづくりを習慣化し、
今の自分と未来の自分との間の関係性を深めていくことが目的です
 
多くの人は「こうなれたらいいな」と夢を描いても
具体的にそれを叶える方法やステップに関しては考えない
 
ただ「なれたらいいな」と夢見るだけで
行動を起こせないでいるのです
 
目標を達成出来る人は、夢を描いた瞬間に
「どうすればできるか」
「こうすればできるんじゃないか」と
具体的な行動を探し始めます
 
こうした思考法は「癖」のようなものですので
先に紹介したワークを繰り返すことで
「その目的なら、こうして、こうして、こうすれば叶うはず」という
発想ができるあなたが目覚めてくるのです

あなたの人生では、あなたが主人公

あなたの人生では、あなたが主人公です
 
こうして描く、成功へのステップ、道のりは
あなたがこれから歩んでいく人生のストーリーです
 
そのストーリーにおいて、主人公であるあなた自身の役割を
しっかりと自分の胸に刻むのです
 
そのストーリーが、夢物語などではなく
これから現実に起こるものと思えるまでワークを続けていくのです
 
他人の人生はいざ知らず、自分の人生だけは
いかようにでも自分の努力で変えることができるという
強い信念を胸に刻みつけて下さい
 
自分の人生の選択は、つねに自分で責任を持って行うという
覚悟を持つためにも、未来へのストーリーを
まずは自分で信じ、主人公として実行していくのです
 
他人に振り回され、自分が主人公であるということを
忘れてはダメです
 
素直さは成長のために必要な要素ではありますが
 
「あの人が言うから……」
「あの人が勧めるので……」と
人生の選択まで他人の意見に左右され、自分で考えようともしないのは
素直なのではなく、主体性に欠けているのです
 
いい年をして「お母さんが『ダメ』だって言うから」と
情けないことを言っているのと何ら変わりはないのです
 
こうした人は、たいがい何をやらせても
すぐに挫折してしまうのです

肯定的な自己評価を持っているほど大きく伸びていく

自分の人生は自分で切り開くことができるんだという
強い信念が、最後まで頑張る力を与えてくれるのです
 
私は、子供達の自己肯定感を育成することを目的に
主に小学生を対象とした「じぶんCM」の授業
ボランティアで行っていますが
  
その現場で聞いた話では、学業の伸びを左右するのは
それぞれの生徒の「自己評価」なのだそうです
 
自己肯定感の高い、つまり肯定的な自己評価を持っている生徒ほど、
数年後には大きく伸びていくのだそうです
 
「もともと素質はあるんだ」
「やればできる子なんだ」
「自分は愛されているんだ」
  
などという肯定的な自己評価を持っている子供ほど
積極的に行動し、努力も楽しんでやるようで
結果的にぐんぐん伸びていく
 
逆にいうと「どうせ自分なんて……」という自己嫌悪が強くて、
自分のことを好きではないことが、
努力が続かず、結果が出せない原因となっているようです
 
あなたはそんなことはないと思いますが
もし身近にあまり努力できない人がいらっしゃたら
ちょっと意識して観察してみるといい
 
そのような人の言動から、自己評価が低いという
原因が見えてこないでしょうか
 
成功するのに、過去も現在も関係ないと前回書きましたが
今がどんな状況であっても、なりたい未来へのストーリーを持ち
それを信じ、達成出来るという高い自己評価を持っていれば
夢は必ず叶います

まずは「自分の評価を高く持つ」ことを優先

なりたい未来をリアルに感じられる心が育てば
そこに向かって行動も努力も厭わなくなれます
 
自らを人生の主人公と認め、
主役らしく振る舞うことが大切
 
仕事に関して頑張っているビジネスマンたちは
みんなナルシストの側面を持っています
 
一見、謙虚に見える優秀な成功者たちも、成功の道のりにおいて
かならず「自分が一番」「自分にはできる」という意識を
強く持っていたのです。だからこそ、努力できるのです
 
自己肯定感の低い人には、こうした努力はできません
 
努力するためのノウハウとか方法論を学ぶより
まずは「自分の評価を高く持つ」ことを優先すべきです
 
それが上手にできれば、どんな道を歩んでも
自分のやりたいことを達成できるようになることを
ぜひ覚えていてください
 
夢を叶える、成功する、なりたい自分になるには、
とにかくまず行動することです

未来に向かって行動しなければ何も実現しない

行動しなければ何も実現しないことは
いままで何度となく述べてきました 
 
成功への具体的な行動がとれないなら
まずは、私が紹介しているような簡単なワークからでも構いません
 
何か未来に向かっての行動をおこすのです
 
中にはそれでも「行動するやる気がでないから
どうしたらやる気がでるか教えて欲しい」という相談もあります
 
やる気が出なくても、まずやってみるのです
 
私たちはまず先に「やる気」があって
そこから「行動」が引き出されるものだと思っています
 
だから「やる気」がでるまで「行動」できない
 
しかし、実際は「行動」をしていると、
後から「やる気」がついてくるというケースが多いのです
 
なぜなら、あなたの感情はあなたの行動によっても
左右されるからです
 
通常は楽しいから笑うと思っていますが
笑っていると楽しい気分になるということは
心理学でも実証されている事実です
 
うつむいて暗い顔していると鬱な気分になるし、
逆に言うと笑いながら鬱になるのは非常に難しいのです
 
「肩を落としてうつむく」という行動が
「暗い」感情をもたらすのであって
 
「上を向き、笑う」という行動では
おのずと「明るい」気分が導かれてしまう
 
「やる気」においても同じで
「やる気」と結びつくような「行動」をしていると
不思議と「やる気」がわき起こってくるものなのです
 
だから、まず行動的な人間になることです
 
嘘でも良いのです

先に行動、マインドは後からついてくる

嘘でも「行動的」に自分を動かしていると
自然にエネルギッシュな人間になれるのです
 
決してエネルギッシュな人間だけが
行動的な人間になれるのではなく
 
行動的な人間が
エネルギッシュになっていくのです
 
「料理が好きだから、料理をする」のではなく、
「料理をしていれば、料理が好きになっていく」のです
 
 
ここで、「でも・・・」などと考えないで
まずは行動してみること
 
頭で、ごちゃごちゃと考えていてはいけません
そんなことをしているから、かえって行動できなくなるのです
 
余計なことをあれこれと考えるより、まずは行動
行動していれば、「やる気」はそのうちついてきます
  
いままでのワークで、自分の価値観を正確に知り
それを信念として、なりたい自分の未来を描き
そこへの道のりを書き出してきたのです
 
行きたい場所、方向、やり方が分かったのなら
余計なことは考えずに今度は体を動かすのです
 
海外旅行に行くための、予算も分かり、予定も立て
エアチケットの買い方も調べたのに
 
「でも、現地で怪我するかもしれない」
「でも、国内旅行がオススメとテレビで言ってた」
「でも、休み中にもし仕事が入ったら・・・」
 
などと頭の中でごちゃごちゃ考えるくらいなら
行動を起こすべきです
 
考えていてはいつまでも結果は得られません。
 
「行くと決めたら行く」と頭の中を空っぽにして
何も考えずに行動しなくてはいけない時もあるのです

やって駄目でも、やらないよりマシ

もちろん行動したからといって
いつも結果が得られるとは限りません
 
この世に100%確実ということは何もないからです
 
「行動してもムダになるなら、最初から行動なんてししないほうがいい」
 
そんなことを言って、行動しないことの言い訳をする人には
あなたはなってはいけません
 
 
なぜなら、あなたは現状を変え
夢を叶えたいと思っているのですから
 
行動しなければ、現状は変わらず
確実に夢は夢のままで終わるからです
 
 
私たちが学ぶべきことは
「絶対に失敗しない行動方法」ではなく
 
「行動から学ぶ方法」であり、
「失敗から成功への道を見つける方法」であり
「行動を通して自らを成長させる方法」です
 
「絶対に失敗しない」「最速の近道」とうたう
成功法則には気をつけた方がいい
 
世の中にそんなのもは存在しないから
 
自分自身の成長なくして、
本当の意味の成功や夢実現はありえないと
宣言しておきます
 
成功に向かう道のスタートでは、
あなたのエゴは歩みの力にもなりますが
最終的には、その道のりで

『自らを知り 世界のこと 世の中の成り立ちを知り 人を知る。』を学びます。
 
そして、その学びの中で「自らを世のため人のため」に役立てて
はじめてあなたのもとへ、尊敬や富や愛が集まってくるのです。
 
道のりは遠いですが
その道のりは楽しいものです
 
それに、あなたがそれなりに豊かに暮らしていくだけくらいの
お金なら、すぐに得られますからご心配なく

その1歩は何よりも素晴らしく尊いもの

あなたが人の意見ではなく、本当になりたい自分を明確にし
そこに向かって1歩を踏み出す
 
これが大切
 
勇気もいると思います。
 
でも、その1歩は何よりも素晴らしく尊いもの
あなたが思え描く未来の夢へとつながる1歩なのです
 
 
あなたは主人公なのですから
あなたが自ら歩き始めなければ、
このサクセスストーリーははじまりません
 
冒険物語の主人公は最初から高い志を持っているわけではありません。
でも、旅立つ
 
まず旅立つことで、勇気を磨き、志ややる気を育て
自ら成長していきます
 
あなたの旅もそれと同じです
 
旅中に訪れる様々な障害も、あなたの成長のために用意されたもの。
私も旅の仲間として、黒子として、いつでもあなたの旅を
サポートしますからどうぞご安心を
 
かならずあなたは、旅の最後には、自己成長と
それにみあうだけの富や尊敬や愛を手にすることでしょう
 
そのストーリーをはじめるか、村に残ってその他大勢と暮らすか
どちらのストーリーを選ぶかもあなた自身で決めることです
 
でも、村の暮らしに違和感を感じ
旅立ちたいと願う気持ちをもっているなら
やはりあなたは旅立つべきです
 
あなた自身が書いたシナリオを手に
自分にはできると強く心に信じて
さあ、ワクワクする成功への物語の幕を上げて下さい
 


【おすすめ】「売るってことはこういうことなんだ、わかる?」マーケティング本としては基礎編のこの本がいまなら無料でもらえます。

何故、ある人は簡単に成功して、
【ダン・ケネディが教える小さな会社のためのマーケティング入門】
P.180より
============================
保証は私のマーケティングおける重要な部分だ。


ダンはこれを”ガッツのあるマーケティング”と呼んでおり、
私は2つの点で彼が正しいことに気づいている。


1つ目はほとんどのビジネスオーナーは
自分が売るものを大胆に保証するだけの
ガッツはないということ、


2つ目はそれを行なうと
”とても儲かる”
ということだ。


============================


「もし返金が出て来たら、どうしよう・・・」


「保証をつけたら、
 返金がたくさん出てくるんじゃないだろうか?」


「保証をつけたら、
 悪用されるんじゃないだろうか?


保証をつけようと思ったとき、
誰もがこういう不安を感じます。


でも、不安というと、
初めて買うお客さんも不安を感じています。


たとえばあなたも、
初めてネットで商品を買おうと思ったとき、
不安になったことはありませんか?


本当に商品は届くのだろうか?
この会社は信頼できる会社だろうか?
本当にページでうたっている効果が出るのだろうか?


値段が高ければ高いほど、
なおさらですよね。


ネットで会社名を検索しても
そんなに参考になる情報が
たくさんあるわけではありませんよね。


お客さんが不安を感じれば、
商品を買う確率が下がってしまいますよね。


その時に保証があるかないかで
お客さんの感じる安心度が変わります。


例えば・・・


「この商品は〇〇円です。
 ぜひお申し込みください」


というのと、


「この商品は〇〇円です。


 そしてこの商品には返金保証期間があります。
 この期間内にお問い合わせ頂ければ、
 商品の料金は返金させて頂きます。


 ぜひお申し込みください。」


どちらが申込みをしやすいでしょうか?


この保証をビジネスに取り入れて
業界でトップ1%の会社になった。
ビジネスが2倍に拡大した
という成果を出した人もいます。


でも、さっき話したように
「保証をつけると、
 返金がたくさんくるんじゃないか」
と思うかもしれません。


ですが、保証を取り入れた人は
==========
確かに返金はあった。
でも、それを上回る売上が上がった。
==========
と言っています。


実際、これをつかった会社は
業界でトップ1%の会社になることができたそうです。


ダン・ケネディの著書
「ダン・ケネディが教える小さな会社のためのマーケティング入門」
では、こういった成功事例を集めた本があります。


小売店、税理士、飲食店、治療家、
歯科医、営業職、住宅ローン販売…などです。


詳細はこちらから。

http://directlink.jp/tracking/af/1514421/nBUGQlJI/

関連記事

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビジネスに関わる人すべてがククリエイティブな思考を持たなければならないということ【セルフプロデュース】

『健全なコンプレックスと健全な野心を胸に 内なる成長をいつも渇望しより良い状態を求め続ける これこそがクリエイティブの神髄で、 あなたが自分の人生を創造するために必要な力なのです』 と私は考えています …

結果をだせる自分になるために -自己肯定感の話-【セルフプロデュース】

CM制作のお仕事でいつもお手伝い頂いているナレーター事務所の新人ナレーターの方々に講義をさせていただいたことがあります ナレーターの存在、それはCMを構成する要素として映像に出演しているタレントさんと …

セルフイメージを上げて、富や成功を受け取れる自分になる【セルフプロデュース】

とにかく小さくてもいいのです。小さな行動をし、小さく成功することです 本を最後のページまで読破して満足という人と最初の10ページ目に書いてあったことをまず試してみた人 セミナーの内容をすべてノートに書 …

人生を自由にコントロールすること【セルフプロデュース】

学生の頃、早く親の管理下、コントロールの手の中から逃れたくて家をでることばかりを考えていました 自分で自分の人生をコントロールしたいという欲求は子供から大人に成長する過程で、自然に芽生えるものだと思い …

未来を心から信じられる、それを「自信」と呼ぶのです【セルフプロデュース】

夕食に妻とふたりでお寿司を食べながらいろいろと話しをしていたのですがその中で、人生で起こることは偶然なのか、必然なのかという話題になりました 例えば、妻も私も出身は関東でも、出会ったのは沖縄 お互い別 …