Tabublog

プロデュース思考で世の中を面白く

未分類

スピードが大切-決断力のススメ-「成功意志決定法」【セルフプロデュース】

投稿日:2020年9月5日 更新日:

私の部下くん、後輩くん達によく言っているのは
「スピード」そして「意志決定の早さ」の大切さ
 
実際のところ、経験もまだ少ない新人の部下くんには
少々コクなことを要求しているかなと思いながら
それでも、一番身体に染みこませて欲しいことだから
何度でも言ってしまう
 
仕事のノウハウなんかは経験を積めば覚えられるけど
気持ちの「貧乏性」と「決断の遅さ」は一度身につけてしまったら
致命傷になりかねない
 
特に決断の早さは大切で
少なくても、決断の遅い人で
大きな仕事を成功させた人を見たことがありません
 
私と親しくしてくださってる億万長者の方
決断、判断が早いですよー
 
私はこの「決断の早さ」って何より大切だと思っているのですけど
私の周りにいるビジネスで成功したいと言っている人の中にも
意外と多いんですよねー
決断の遅い人って
 
そもそも決断するということは
その人の経験や持っている情報などに基づいて
ものごとに判断を下すことです

遅いだけでもう失格

現在のように経済や政治がますます不安定になり
一方で、インターネットを中心として日々、革新的な出来事が
信じられないスピードで古い価値観を塗り替えていく社会において
 
ものごとを判断するための基準や指標は
気がつけばガラッと変わっているということも
珍しくなくなりました
  
この時代、過去の経験もせっかく収集した情報も
いまやあっという間に古びてしまい、いざ決断という時に
それらの経験や情報が役に立つとはかぎりません
 
では、決断できないのはそんな混沌とした時代のせいなのでしょうか
  
いいえ、どんな環境においても決断できる人は必ずいます
  
では、決断できる人とできない人の違いはいったいどこにあるのか
 
知識が豊富さ? 
 
それとも勇気? 
 
精神力の違い?
 
もしかしたら、それらも多少あるかもしれませんが
両者を分ける一番の違いは「目的」があるかどうかだと思うのです

目的という判断基準を持つ

いつどんなときでも素早い決断ができるのは目的がはっきりしている人です
一方、目的があいまいな人はなかなか決断することができません
 
目的をもつということは
自分の中に「ものさし」を持つということで
この目的という「ものさし」さえ持っていれば
どのような事態が起きても、それに照らし合わせて
「イエス」か「ノー」かを即決できるようになります
 
もちろん、選んだ一つの答えが
絶対に正解であるなんてことはありません
 
でも、その選択に確信を持つことができ
すぐさま行動に移せることは何よりも大切です
 
今までように、経験や情報を「ものさし」として判断しようとしても
その価値自体が時代とともに変化してしまっては
もはや「ものさし」としての役割すら果たすことができないのです
 
経験や情報に頼り、「前例がない」といって
新しい取り組みに足踏みをしてしまう人は
社会の変化にすばやく対応することは不可能です
 
今の時代に素早い決断を出すためには明確な目標を持つことが重要
 
「目標を紙に書くと夢が実現しやすくなる」というのも
ただ紙に書いてはれば魔法のように叶うってことじゃなく
目標を明確にすることで、決断が早くなる、行動が早くなるということ
 
周囲の変化にかかわらず
やるべきこと、捨てるべきことに
ブレることなく「イエス」「ノー」を即決できるから
夢が現実に近づいていくのです
 
もし、あなたが決断できないのだとしたら、
それはあなたに目的がはっきりと見えていないからです
 
成功する人は決断力が早い人です
 
複数の選択肢が出た瞬間から、
他の選択肢をばっさりと捨て、一つを選び
これでしくじったとしても後悔はしないという決断までの
時間がものすごく早い
 
逆に、決断を遅らせる人は普通の人なんです
 
たしかに、様々な価値基準が、揺れ動く世の中においては
なるべく決断を遅くして様子を見よう、静観しようと
考える方がいらっしゃるのも頷けるところもあります
 
確かにリスクは取らなくてすむし、ストレスもかからない
賭けに出ないから精神的にも安定するからでしょう
 
でも、遅く決断をすると言うのは決断をしていないことに等しいのです
さらには人生の大切な時間を、迷って過ごすという
最も無駄なことに費やしてしまいます

小さな積み重ねが大きな差となる

1年で1つの決断しかできなく、
その決断にしてもダラダラと行動に移せない人と
3日に1回の大きな決断を繰り返す人とでは
経験できる物事の数に大きな違いが出てくることは明らかです
 
経験は、すればするほど知識や人脈や経営資源を蓄積し
その上に立ってまた次の経験を得ていくということで
1年の差は、3年分にも10年分にも匹敵するほどの
大きな差となって現れます
 
迷っている暇があったら、失敗しても経験を積むことです
 
それによって、人は成長し、結果は大きく変わっていく
 
「大きな成功を成し遂げた人は
 成功の前にどん底の時代を経験している」なんて話を聞いて
「自分もいつか・・・」なんて、どん底に安住して行動しなければ
一生どん底で過ごす事になります
行動し、チャレンジをするからこそどん底も経験する
経験を糧とするから成功があるのです
 
もし、あなたがビジネスで成功したいなら
人よりも抜き出た才能を開花させたいなら
今すぐ目標を定め、決断し、行動しなくてはいけません
 
今の時代、構想5年なんて映画は公開する時には即ネット配信行きですね
スピードこそクオリティー
 
直感で進んで、仮に失敗して後悔してもそれでいいと腹をくくりましょう。
失敗のその先に、もっと輝く未来があると信じなくて
ビジネスの成功を手にすることなど不可能なのですから
 


【おすすめ】「売るってことはこういうことなんだ、わかる?」マーケティング本としては基礎編のこの本がいまなら無料でもらえます。

何故、ある人は簡単に成功して、
【ダン・ケネディが教える小さな会社のためのマーケティング入門】
P.180より
============================
保証は私のマーケティングおける重要な部分だ。


ダンはこれを”ガッツのあるマーケティング”と呼んでおり、
私は2つの点で彼が正しいことに気づいている。


1つ目はほとんどのビジネスオーナーは
自分が売るものを大胆に保証するだけの
ガッツはないということ、


2つ目はそれを行なうと
”とても儲かる”
ということだ。


============================


「もし返金が出て来たら、どうしよう・・・」


「保証をつけたら、
 返金がたくさん出てくるんじゃないだろうか?」


「保証をつけたら、
 悪用されるんじゃないだろうか?


保証をつけようと思ったとき、
誰もがこういう不安を感じます。


でも、不安というと、
初めて買うお客さんも不安を感じています。


たとえばあなたも、
初めてネットで商品を買おうと思ったとき、
不安になったことはありませんか?


本当に商品は届くのだろうか?
この会社は信頼できる会社だろうか?
本当にページでうたっている効果が出るのだろうか?


値段が高ければ高いほど、
なおさらですよね。


ネットで会社名を検索しても
そんなに参考になる情報が
たくさんあるわけではありませんよね。


お客さんが不安を感じれば、
商品を買う確率が下がってしまいますよね。


その時に保証があるかないかで
お客さんの感じる安心度が変わります。


例えば・・・


「この商品は〇〇円です。
 ぜひお申し込みください」


というのと、


「この商品は〇〇円です。


 そしてこの商品には返金保証期間があります。
 この期間内にお問い合わせ頂ければ、
 商品の料金は返金させて頂きます。


 ぜひお申し込みください。」


どちらが申込みをしやすいでしょうか?


この保証をビジネスに取り入れて
業界でトップ1%の会社になった。
ビジネスが2倍に拡大した
という成果を出した人もいます。


でも、さっき話したように
「保証をつけると、
 返金がたくさんくるんじゃないか」
と思うかもしれません。


ですが、保証を取り入れた人は
==========
確かに返金はあった。
でも、それを上回る売上が上がった。
==========
と言っています。


実際、これをつかった会社は
業界でトップ1%の会社になることができたそうです。


ダン・ケネディの著書
「ダン・ケネディが教える小さな会社のためのマーケティング入門」
では、こういった成功事例を集めた本があります。


小売店、税理士、飲食店、治療家、
歯科医、営業職、住宅ローン販売…などです。


詳細はこちらから。

http://directlink.jp/tracking/af/1514421/nBUGQlJI/

関連記事

-未分類

執筆者:


  1. […] スピード決断のススメ「成功意志決定法」【セルフプロデュース】 自分プレゼンのススメ【セルフプロデュース】 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

進むべき道”を教えてくれる「明確な価値観」【セルフプロデュース】

価値観は、あなたが日々生きていく中で何が正しく、何か間違っているかを判断するための明確な信念を形づくる基礎となります。 自分自身の価値観を明確に認識することは意義のある人生を送るために絶対欠かせないも …

生きるとは呼吸することではない。行動することだ。【セルフプロデュース】

琉球交響楽団の祖堅先生が亡くなられてから何年経つだろう7年?8年? 祖堅先生は元NHK交響楽団の首席トランペット奏者であり県内初の本格的プロオーケストラ「琉球交響楽団」を設立され多くの演奏者を育て上げ …

高校3年生に話した「就活の面接に効くプレゼンテーション」の極意【セルフプロデュース】

私がボランティアで行っている『じぶんCMの授業』で伺った高校の生徒さん3年生のK君から携帯に電話もらって『今度、面接があるんですけど・・・不安なんで電話しちゃいました』って 下手したら父親よりも年上の …

人を喜ばせるから商売が上手くいく【セルフプロデュース】

こんな私にでもビジネスの成功法を聞いて下さる方もいてそういう方にはなんとしても成功していただきたいからそういうご縁をいただいいた方には私の持っているものは何でも持って帰ってもらいたいと どうしたら、分 …

肝心なことは目の前の小さな事【セルフプロデュース】

みんな大成したいと思っているんだよね自分の人生で大きな成功したいと 中には「私は食べていければいいんです」みたいなこと言う人もいてまあ、別にそれはそれで良いのだけれど 今の日本だったら極端な話、ホーム …