Tabublog

プロデュース思考で世の中を面白く

未分類

SNSなどで自己プロデュースする意味 自分で自分を作り替え、前に押し出していく【セルフプロデュース】

投稿日:2020年7月29日 更新日:

仕事柄、モデルさんや役者さん、タレントさんと
一緒にお仕事をさせていただくことが多いのだけど
沢山の人の中にいてもなぜか目がとまる人、
つい目で追ってしまう人っているんだよね
 
そういう人のことをずっと
『あの人には神様のスポットライトがあたってるね』と
表現してきたんだけど
そういう人って、経験のない新人であっても
その後どんどん仕事を決めて人気者になっていく
 
芸能の世界の方が、そういうオーラのようなものって
極端にわかりやすいと思うんだけど
 
たとえば広告の仕事で出会うビジネスの成功者の方の中にも
あ、この人ってすごくオーラのある人だなって
感じることが少なくないのね
 
その人が現れると場の雰囲気が一瞬で変わるくらい
すごいオーラの持ち主も少なからずいらっしゃいました
 
あなたの周りにも何人かそういう
オーラをまとった方っているんじゃない?
 
若くてもオーラを放っている人を見ると
こういうオーラ的なものって
先天的に持っているものなのかな?って思う反面、
それまではそれほど感じなかったのに
ある日突然、なんかオーラ出てきたなって思う人がいたり、
ちょっと前まですごくオーラを感じてたのに
最近オーラを感じなくなったという人もいる、とか・・・
 
そういう例を見ていると
こういう、いわゆるオーラのようなものって
後天的に身につけることもできそうだし、
けっして永久不滅のモノでもないらしい
 
ただ、オーラを感じさせる人はやはり運気も含めて
上昇傾向になっていくし
 
上手くいかなくなると
一緒にオーラも失なわれていくというように
 
仕事や恋愛、人生の上手くいく、いかないに
間違いなく関係していると思われる
人の出す見えない光。
 
できるなら良いオーラを身につけて
人生をステップアップしたいものだよね
 
今日はさ、このオーラとか言われるものについて
ちょっと考えてみたいと思うわけです

この記事を書いている私は
私は広告業界でディレクター、プロデューサーとして30年
東京から沖縄のテレビやCMの映像業界の中で生きてきました
前の会社では取締役、今の会社でもクリエイティブでは唯一の執行役員として
会社の方向決めにも参加しながら
自らのクリエイティブで世の中を面白くしています

人の出す光(エネルギー)とはなんだろう?光の意味

まず、オーラというとちょっとスピリチュアルな感じに
聞こえちゃう人もいると思うの
 
世の中にはオーラの色が見えるって人がいて
あなたのオーラは何色だからあなたはこんな人って
決めつけられちゃったりすると「うーん」って
感じる人もいるよな。
 
今日ここでいうオーラって
スピリチュアルでいうところのオーラではなく
成功者や芸能人とか上昇中の人が放つ
「気」「エネルギー」みたいな感覚で捉えてくれると嬉しい。
 
 
人をパッと見た時にオーラがある人はすぐにわかるじゃん。
そして、明らかにビジネスや商売や恋愛において
それは有利にはたらいているよね。
 
「あの人はオーラがある人だね」って表現するとき
その「オーラがある人」っていうのは、
強い、パワフルなオーラを持っているって意味じゃん。
決して「負」のオーラのことは指さないと思うの、大概ね。
 
著名人や芸能人、政治家、アスリート、
社長クラスの人や芸術家、優れた職人の方・・・
 
職業はいろいろあっても共通しているのは
『強さを感じさせる』
『パワフルなエネルギーを放っている』
『人の目を惹く』ってところ。
 
その正体を、現代の物理ではっきり定義できなくても
そういう何らかの力が周りの人に影響を与えるって事は
誰でも身近に経験があると思うし
否定できないんじゃない?

オーラを自分で身につけるには自己プロデュース

で、そういうオーラって
どうしたら自分のモノにできるのかって
考える訳なんだけど、
 
オーラのある人と無い人の違いを見ていると
オーラのある人って一貫して
自信ありげに見えるんだよ。
 
自分軸をしっかりと持っていて
その自分に確固たる自信を持っているように見える。
 
自己効力感が高いというのかな、
自分ならできると自分自身で確信しているし
 
自分が確信しているから、
それを周りにも信じさせられる。
 
実際にできるかどうかは別。
自分はできると信じているかどうかが重要なんだ。
つまり自己プロデュース
 
自己効力感(じここうりょくかん)
またはセルフ・エフィカシー(self-efficacy)は、
心理学で用いられる用語で
自分がある状況において必要な行動を
うまく遂行できるかという可能性の認知。
 
つまり自分に自信があるということ。
自分なんだからできないわけがないと
心の底から思っているような状態のことね。
 
私はオーラって100%ではないにしても
かなりこの自己効力感、セルフ・エフィカシーに
関係していると思うわけ。
 
世の中の多くの人はつまるところ
自分に自信がないんだよね。
 
セルフエフィカシーが低いことが多いの
 
そんな中に、生まれ育った環境だったり
高いポジションについていたり
以前成功した記憶を持っていたり
似たような経験を数多く積んできたりして
自信に満ちあふれている人が現れる。
 
自信があるからいつも背筋を伸ばしていて
何か言われても目を伏せたりしない。
むしろ私を見て!と言わんばかりに
自分を前に押し出してくる。
 
そういう自己プロデュースの上手な人は
目立つし、力強く感じるし
エネルギーを周りに放出しているもの。
 
そんな人が作り出す「場」は
魅力的だし、信頼できると人は感じるものなんだよ
 
目の前のことに一生懸命になり、
どんな時でも良い結果を出そうと努力し続ける
それが経験と自信につながり
目に見えないオーラとなってその人を包んでいく。
 
成功のオーラはそういう風にして人に宿る。

まずはやってみる自己プロデュース法

 
だから、いくら自分をすごく見せようとして
外見だけを磨いても、
好感度を上げようと躍起になっても、それだけじゃ
いつもで経ってもオーラを身に付けることはできないんだよな。
 
逆に高級な洋服なんか着ていなくても
自信に満ちあふれている人には
雰囲気に「華」が出てくる
 
高級ブランドを着ているという自信が
時としてその人のオーラの後押しをすることはあっても
基本的には外見とはあまり関係がないんだよね
 
つまりはマインドの問題なの

とはいえ、身につけているもので
自分自身の気持ちをたかめていくことは
自信に繋がるし、人から見たあなたも
やっぱり格好良く見えるモノ
 
そこにいるだけで人々がつい目で追いかけてしまう
そんな不思議な存在感を放つのオーラは
その人の中から出てくるもので
お金を出して身にまとえるものではないのだけど
やはりお金を持っているという自信は
オーラとして現れてくるモノだ
 
じゃあ、生まれ育った環境も良くない
成功体験もない、経験もあまり積んでいない
 
つまり「自信のない」自己効力感の低い我々には
一生オーラは手に入らないのか?
 
あきらめるのはまだ早いよ

SNSなどを利用して自己プロデュース

私の本業は広告代理店の
クリエイティブディレクターでプロデューサーなんだ
 
例えば、市場の中でまったく優位性が見つからない商品であっても
その商品にオーラをまとわせるのが仕事なんだよ。
 
決して嘘をつくわけではないよ。
そんな嘘はすぐに消費者に見破られる。
 
つまりは「自信の持てる」ポジションを見つけて
そこにどう打ち出すかを徹底的に考えるわけ。
 
いまあるポジションにそれがないなら
新しいポジションを作って
その商品の輝きを作り出す。
 
これが広告の大きな仕事のひとつ
 
その商品の既存のイメージを作り替えて
増幅して新しく伝える。
 
これがプロデューサーの仕事
 
だから、ありのままの状態を伝えるのではなく
アピールすべきポイントを組み替え、
どんどん作り替えていくの
 
そうすることでその商品は
輝くオーラをまとい始めるんだ。
 
そして、一度オーラが輝き出すと
それが市場で信頼とかブランドとして再構築され、
商品そのものも本物のオーラを放ち始める。
 
これはね、実は人でも同じ事ができるんだよ。
 
自己プロデュース力は
自分の中味を表に引き出していく力。
 
でも「現在のありのままの自分を売り出す」という
意味とはちょっと違うの
 
だって現在の自分は自信の無い自分なんだから
 
商品と同じようにアピールすべき自分自身を
組み替えていき、どんどん作り替えることがポイント
 
そして積極的にSNSで発信してみる
 
あなたが自分を作り替えていく中で
SNSを見た人達の中でもあなたという人の見え方が変わる
そういた内外的なエネルギーによってあなたの中にオーラが現れ
そのオーラがあなたに「本物の自信」を与えてくれる
 
一つ上のステージに、自分の情報の分身を置いて
物理的な自分をそこに引き上げていくようなイメージ
 
最終的には一つ上のステージに行くために
遅れて物理的な階段は登らなければならないから
(具体的にはそのイメージにふさわしい経験をつむ)
経験を通して本当の意味のセルフエフィカシーも高められる
 
これが嘘偽りのなく
高い次元の自分に成長できるやり方なのね
 
イメージしにくいかな?
 
アーティストのプロデュースをするときさ、
デビューする前って、やっぱり原石だから
輝きってさほど無いわけ
 
でも、プロデュースしていくなかで
そのアーティストのアピールすべき点を見つけ
組み替えたりしながら、発信すべきイメージを作り上げていく
 
そしてそれを正しい形で発信していく
 
そうすると不思議なことに
作り替えたイメージに本人が合わせてくる
というか、一体化してくるの

昔は芸能人とかでないとなかなか自分の事を
世の中に発信するなどできなかったけど
いまはSNSというすごいツールをわれわれは持っている
 
そして内外のエネルギーが高まってくると
本人からオーラみたいなエネルギーが
外に向かって吹き出してくるようになるのよ
 
もちろん、本人が努力しないと
イメージと本人の距離はいつまでも近づかないから
そういう人は世間に認められることはまずない。
ここが遅れて経験を積むという点ね
 
やり方の好き嫌いはあれ、
最終的には本物のオーラが
身につくのだから嘘でもだましでもない
 
いや、自分を上手にだまして
成長を促すということかな?


精神論的な書き方をしてきたのは
あなたに本物のオーラを身につけて欲しいから
ただ正直に言って今のままの自分を内面から磨くというのは
マインドコーチでもつけないと非常に難しい

そういう時は見た目から変えるのも手です
レンタルでもなんでも高級品を身につけて出かけてみる
そういう写真をSNSにアップする
人から見られるイメージは
あなたの社会的なポジションを変えていきます
ことビジネスにおいては社会的なポジションが
物を言う世界であるということはご存じでしょう?

 
自己プロデュースは
自分で自分をプロデュースしていくという考え方
 
自分で自分を作り替え、前に押し出していく手法なの

自己プロデュースする意味 人生が好転

 
もちろんプロデューサーとか
コーチ的な人がその手助けをおこなっていくけど
すべて人任せな人に自己プロデュースはできないんだよな
 
でもさ、そのままでは自信もオーラもない
行動すらおこせなかった人が
プロデュースという手法によって
自信とオーラを手にできるのだから
やってみてもリスクは無いと思う
 
こういうメソッドを自分自身でできる人
つまり誰にも教わらずにできる人も稀にいて
そういう人は勝手に輝き始めるんだけど
多くの人はなかなか自分でこれを行うのは難しいみたい
 
もともと自信がない自分のアピールポイントを
自分で見つけるわけだから
その時点で矛盾しちゃうんだよ
 
人を輝かせられる
プロデューサーやディレクターの力を借りるのが
やはり早道だと思うよ
 
プロデューサーとあなた自身がつくる物語が
思ってもいないあなたを引き出していく。
そうやって自分を常に前へ前へと押し出していく
 
そうすることだけでも、
あなたの周りの人間や会社や学校、世間というものに
ただ動かされている人たちとは
圧倒的にちがった輝き、オーラが生みだせることは
簡単に想像できるでしょう
 
いままで気づいてももらえなかった
あなたやあなたの商品が人々に注目され、
いままで届いてなかった
あなたのプレゼンテーションに耳を傾けてもらえる
そんな状態になれば、あなたがあなたらしく
人生を輝かせるのにさほど時間はかからないよ
 
それに、全国販売の商品とちがって
何百万人とかいう単位の人に熱狂されなくてもいいんだよ
 
個人のビジネスであるなら
わずか千人単位のひとが
あなたのオーラに惹き付けられれば
よほど利益が薄い商品サービスで無い限り
あなたの欲しいものはほぼ買えるくらいの
収入になるでしょ
 
恋愛ならたった一人でいいはずじゃない。
(実際には一人以上に間違いなく影響を与えちゃうけど)

斉藤一人さんも話していた自己プロデュース 

現在まだ、自信のない、経験もない
成功体験もなにもない、そんな人が
いまから始められるオーラの作り方

自分をプロデュースするということは
「今の自分」を乗り越えていくということなんだ
 
今の自分を乗り越えて
前進する人というのは
それだけで魅力的で人を惹き付ける
オーラを持っているもの
 
そのオーラがあなたを成功へと導き
次のステージへと連れて行ってくれるよ
 
そんな人生は充実してないわけがないでしょ
 
 
以前、みた斉藤一人さんの言葉で「押し出し」というものがありました
 
商売において儲かってなさそうな所からは誰も買いたくない
だから腕にロレックスでも付けて儲かっているフリをするのだと
 
なぜロレックスの腕時計か?
みんなが高いと言うことを知っているから
借り物でかまわないからそれを人から見えるように
身につけておくことで運気が高まっていくと
 
これ、まさに自己プロデュース!
 
レンタルでかまわないから
見た目から(つまり人から見た自分)すごい人に
なりたい自分に見せていく
借り物のオーラでも自分と人をだませた瞬間に
本物のオーラに変わります
 
 
絶対に試してみて欲しい
人生変わるから!
 
いまは、服でもバッグでもレンタルサービスもあって
サブスクで安く申し込める

高級な服に袖を通すうちに
自分でもその気になってくるから不思議だ
 
男性ならアイテムにこだわるといい
最先端のグッズをさりげなく使いこなすと
自分ができる人間だと信じられるようになってきます

服のレンタルなら 
プロがスタイリングしたコーディネートをご自宅にお届け!DROBE(ドローブ)
あとは 
大人の女性のための洋服レンタル【洋服レンタル・ブリスタ】

最先端のグッズレンタルなら 
最新デジタル機器をお得にレンタル【スマレン】

とにかく、できるところから
自己プロデュース、初めてみてよ
このリターンははかりしれませんよ
素晴らしい世界が待ってるからさ

-未分類

執筆者:


  1. […] SNSなどで自己プロデュースする意味 自分で自分を作り替え、前に押し出していく […]

  2. […] SNSなどで自己プロデュースする意味 自分で自分を作り替え、前に押し出していく【セルフプロデュース】 隠れた「才能」の見つけ方と育て方【セルフプロデュース】 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「やり方」より「あり方」を追求しよう【セルフプロデュース】

日本での茶道、武道、能などの稽古の仕方の教えに「守破離(しゅはり)」という言葉があります。 私は日大芸術学部で演劇論を学び世阿弥の風姿花伝の研究などをしていましたのでこのあたりは比較的得意分野です そ …

今から、あなたという個人を世の中に覚えてもらっておくべきなのです【セルフプロデュース】

1時間の生放送でラジオに出演させていただくなんてこともあります その際にディレクターの方から簡単な台本をいただくのですがそこに書かれている私の肩書きは CMディレクター/クリエイティブディレクター/映 …

セルフイメージを上げて、富や成功を受け取れる自分になる【セルフプロデュース】

とにかく小さくてもいいのです。小さな行動をし、小さく成功することです 本を最後のページまで読破して満足という人と最初の10ページ目に書いてあったことをまず試してみた人 セミナーの内容をすべてノートに書 …

あなたの「できない」「わからない」の原因は、実はたった3つしかない【セルフプロデュース】

「いくら目標を立てても、行動することが大切と言われても、行動できないからみんな困っている。」 という記事を書きました 「行動すれば人生が変わる」って、行動できないから困ってるんですよね【セルフプロデュ …

生きるとは呼吸することではない。行動することだ。【セルフプロデュース】

琉球交響楽団の祖堅先生が亡くなられてから何年経つだろう7年?8年? 祖堅先生は元NHK交響楽団の首席トランペット奏者であり県内初の本格的プロオーケストラ「琉球交響楽団」を設立され多くの演奏者を育て上げ …